弁護士に依頼するメリット
2016.12.16

subimg02人が日常生活を送る上で、突然のトラブルが振るかかる事があります。注意していても、突然やって来るトラブルは、防ぎ様がありません。そんな代表的なトラブルであるのが、交通事故とも言えます。大人子供老人に関らず、加害者にも被害者にもなり得ます。自転車での事故も多いですし、歩行中の接触によるトラブルも多いです。しかし、多くの方には事故と言えば、自動車事故をイメージさせます。実際の事故は、自転車や横断中の徒歩でも、大きなトラブルにもなり得ます。それだけに、日常の中で誰しもが、このトラブルに関る確率が多いとも言えます。そんな時、自動車での事故なら、加入している保険の担当者を通して、このトラブルを回避したり、解決したりすることが必要になります。ただ、法律的な専門分野でもありますので、法律の専門家である弁護士の関与が必要不可欠です。その為には、事件の依頼が必要になります。

加入している自動車保険を例に挙げると、保険会社と弁護士が事件の解決まで、締結業務関係になっていることが多いです。すべて、法律上の行為に基づいて、解決する事が得策です。当事者が、意図しないことをした事によって、事故の過失の判断が変わる事が多い事もあります。その為に、第三者である法律の専門家が、事件の当事者の代理人となって、事件の解決に当たる事には、最大のメリットだと言えます。いろんな感情が支配する事故の問題を考慮すれば、第三者に客観的に関与して貰った方が、事件の解決もスムーズであります。保険会社の担当者も、事故の処理をする上で、裁判の有利不利を考慮する上で、事故の当事者が、深く関与せずに事件解決する事が、結局正解であったと判断される事が多いです。

裁判になった時にも、法律の専門家である弁護士が、交通事故の経緯や過失の有無等、当事者目線ではない第三者としての弁護するには、それなりのメリットがあります。訴訟事件に発展しない場合にも、客観的な事故の補償交渉も、交通事故の過去の判例等の事例を元にして、補償内容や損害賠償の金額を算定する上で、相手の代理人とも、スムーズに交渉が進むと言うのは、こうした特殊な専門分野の担当者ならではの解決方法であると考えます。事故の当事者同士であると問題の解決が複雑になって、より事件の和解交渉に踏み切れない事もあります。やはり、専門家の判断に頼る事がスムーズな問題解決です。それが結局最良で最速の事件解決の方法であると判断される方が、保険に加入されることにも繋がると言えます。

▲ ページトップへ