弁護士費用を安くするには
2016.12.16

subimg05日常の暮らしの中、いろんなトラブルが振りかかる事があります。社会というのは、基本契約社会です。契約書を作成する意思がある事が前提です。何かを購入しようとして、商品を受け取ります。これも書類の形式は、ありませんが、契約に基づきます。商品の売買契約によって、金銭を支払い、商品を手に入れると言う事になります。ところが、トラブルに因る場合には、その場での契約でなく、その後の損害賠償や補償を求める契約書になります。俗に言う言い方で言えば、示談書という事なります。トラブルを回避した人に因る示談を成立させる契約書になります。日々の暮らしの中で、誰もが被害者にもなり得ますし、逆に加害者にもなり得ます。大人子供に関らず、立場は同じです。そんな顕著な事例が、交通事故でしょう。日常の生活をするという事は、街中を歩くと言う事です。また、外出する時にも、自動車を利用する事も多いです。自分が運転する自動車には限定されません。同乗者として、また公共交通機関のバスなどに同乗していて、事故に遭遇する事もあり得ます。

交通事故では、被害者加害者の過失の比率が有るはずです。ドラ地下に過失になる原因が有って初めて、交通事故が発生します。事故となれば、警察の管轄になり、いろいろな過失の原因が刑事的にも追及されることもあります。ただ、事故に於いては、刑事と民事の二つの責任が発生します。そこで登場するのが、法律の専門家の弁護士です。刑事事件で言えば、被害者に立ってくれます。その時、費用を安くするには、国選弁護士を選任してくれる方法もあります。ただ、優位に弁護して貰える可能性は、低く形式的な弁護になると言えます。過失の判定や無実を勝ち取りたいなら、国選でなく費用を立てて弁護してくれる専門家を選任すべきです。

民事事件に関しては、事故後の補償という点から、損害賠償の請求を求められます。被害者加害者の双方の弁護人の立ちあいの元に、審議が進められます。ただ、最近では加入されている保険の補償内容に、裁判経費を含んだ契約のモノもあります。この場合には、改めて弁護人を私費で選任する必要がないこともあります。ある意味、費用を安くするには、こうした特約に特化した保険契約に加入しているのが、もっとも安いと言う結果になる場合も多いです。事故という誰でもが、被害者や加害者になる可能性がある以上、いろいろな経費も捻出してくれる事故対応に特化した保険契約を検討するのが、一番合理的な賢い方法だとも言えます。転ばぬ先の杖という意味では、事故がない場合の保険金の掛け捨て感はありますが、何かあった場合の保険である事を考慮すれば、最善の策かもしれません。

▲ ページトップへ